昨今のアウトドアブームも後押しして、年間約20万人が訪れる滋賀県の伊吹山。色とりどりの高山植物が有名で、国の天然記念物にも指定されています。しかしこの伊吹山では、野生のシカに貴重な花畑を荒らされる被害が続いていて、地元が叫びの声をあげています。

防護柵が設置された伊吹山の山頂付近

 滋賀県の北東部にある伊吹山。標高1377mは県内最高峰で、希少な植物の宝庫として知られています。しかし今、山頂付近で問題が起きているといいます。
c.jpg
 今年5月、取材班が地元住民らと山頂へ向かいました。すると、山頂付近には防護柵が設置されていましたが、大きな穴が開いていました。
62.jpg
 (地元住民)
 「ここ穴が開いています」
 「針金が入っているんやけど、下は食べなくて、上の針金がないところを」
8.jpg
 さらに登っていくと、また防護柵に大きな穴が。
10.jpg
 (地元住民)
 「ロープでちょっと補修しよう」

 穴を発見するとロープで応急処置を行います。

 (地元住民)
 「仮の補修ですね。もっと大きい穴はちょっとなかなかできないですけどね」
13.jpg
 穴はあちこちで見つかり、その都度、修復しながら山を登っていきます。

 (地元住民)
 「まずシカですね。間違いないですね」
 「お花畑を守るためにネットをしているんです。(Qシカはお花が好きなんですか?)好きなんです」

 地元住民らによると、シカがネットに穴を開けて山頂へ登っていくといいます。
14.jpg
 歩くこと30分。取材班が山頂付近に到着すると、山頂は防護柵に囲まれるような状態になっていました。