アロハも「市役所改革」の一端


宮崎市の観光地、青島。

(宮崎市 清山知憲市長)
「就任して初めて青島に来たから・・・」



先月行われた青島ビーチパークのオープニングセレモニーに、清山市長はアロハ姿で登場しました。

(丸山敦子記者)「(アロハは)購入されたんですか?」
(宮崎市 清山知憲市長)
「買って、自前です。ウミガメアロハ」

実は、このアロハシャツにも清山市長が掲げる「市役所改革」の一端が垣間見えます。

(宮崎市 清山知憲市長)
「(これまで)観光部局だけアロハ許可だったんですけど、部局関係なくアロハ許可にしましたので。市役所の中で服務規程、服飾の規定を見直して、自由度を高くしました」

宮崎県 河野知事と同席する清山市長


清山市政の柱の一つ、市役所改革。これまで市役所内にあった慣例の撤廃を進めています。

(宮崎市 清山知憲市長)
「総合受付でも、私が玄関に入ってた時に、立って挨拶をするのはちょっとやめましょうと」



かつては県議会議員だったものの、行政経験はない清山市長。だからこそ感じる疑問や改善点を職員たちに投げかけたいとしています。

(宮崎市  清山知憲市長)
「本当の意味で『それ市民目線ですか』というところを少しずつ見直していきたと思っています」