農業経営者の7割が60歳以上と高齢化が進み、担い手不足に悩む農家は少なくありません。「どうしたら次の世代に技術を繋げられるのか」。新潟市南区でキュウリを栽培する男性は、最新型のハウスを導入し、今までと違う未来を描き始めました。

【錦澤政伸さん(54)】「こどもの頃からずっと親もキュウリやってたし、キュウリに育てられたって思ってるから次につなげていかないとね」

新潟市南区白根地域でキュウリを栽培している錦澤政伸(にしきざわ・まさのぶ)さん54歳。

これはまだですか?
【錦澤政伸さん】「微妙だね。キュウリに関してはね、自分の手なんて計りのようなもんだ」

長年培った勘で一つ一つもぎ取っていきます。錦澤さんは、これまで30年以上にわたり家族で栽培してきました。
しかし、両親は歳を重ねて現在は選別作業のみを手伝ってもらっています。

【錦澤ヒサ子さん(82)】「ここってもってくれば選別してあげられるけれど、今もいでって言われても無理」

【錦澤政伸さん】「俺、後継者いないんですよ。親も(高齢で作業は)ダメになって、家族経営ができなくなったことで自分はどうしたらいいかなって」

家族経営の限界でした。

雇用ってどうですか?
【錦澤政伸さん】「人件費が出せません。家族経営の中でやっててもね」

雇用するには、出荷量を増やさなければなりませんが、人手不足と資金不足で出荷量自体も増やせない…八方塞がりでした。