65歳未満で発症する「若年性認知症」。全国における患者数は3万5000人以上、平均発症年齢は54.4歳で、男性のほうが有病率が高いとされています。取材班は今回、46歳で「若年性アルツハイマー型認知症」と診断された男性とその妻が、写真で記憶をつなぎながら暮らす様子を取材しました。

46歳で「若年性認知症」に…写真で“薄れゆく記憶”をつなぐ

 下坂厚さん(48)。2年前に「若年性アルツハイマー型認知症」と診断されました。当時46歳でした。
2.jpg
 下坂さんが撮影する何気ない日常を切り取った写真は、下坂さんの薄れゆく「記憶」をつなぎます。

 (妻・佳子さん)「鴨川はどっちでしょう?いつも行ってるやん」
    (厚さん)「こっち」
 (妻・佳子さん)「ピンポン。それは見えてきたからやろ。自分の家も通り過ぎて反対側にいつも行こうとするから」
3.jpg
 「若年性認知症」は根本的な治療法がなく、現在は症状の進行を遅らせる薬を服用しています。
4.jpg
 子どもはすでに独立し、妻の佳子さんと2人暮らし。直前に見聞きしたことも、家族の名前さえも、ふいにわからなくなります。

  (厚さん)「名前なんやったっけ?」
 (佳子さん)「マコちゃんやろ」
  (厚さん)「マコちゃんか。何歳やったっけ?」
 (佳子さん)「テツヤ(息子)と一緒やから29歳やん。同い年って言ってたやん」
5.jpg
   (記者)「マコちゃんって親戚ですか?」
 (佳子さん)「息子のお嫁さん。入籍を3月26日にして、このあいだのゴールデンウィークに娘のところにみんな集まって。その写真を見ていて『なんて名前やったって?』って言うから」

  (厚さん)「何歳やったっけ?」
 (佳子さん)「29歳。もう何回も言っているんですけど」