反転攻勢を強めているウクライナ軍。要因の一つが、西側などからの武器供与です。ドローンなどが戦場でフル活用されていますが、危うさを指摘する声も出ています。

■ウクライナ軍を支える“武器供与” 駆使されるドローン


ここにきて、反転攻勢が報じられているウクライナ軍。大きな要因とされているのが、西側からの“武器供与”だ。

トルコ製軍事ドローン「バイラクタル」


ロシアの軍事拠点を攻撃しているのは、トルコ製の軍事ドローン「バイラクタル」。アメリカからは、対戦車ミサイル「ジャベリン」など数々の武器が供与されている。アメリカの軍事支援は、総額5000億円相当にのぼる。

アメリカが提供した対戦車ミサイル「ジャベリン」


東部の街・ハルキウの住民は、武器供与による戦況の変化を肌で感じていた。

ハルキウ在住 ニコライさん
「以前は、街は2時間ごとに砲撃されていました。ところが、“様々な国から武器が届いた”というニュースが入った頃に、状況は変わりました。砲撃などが少なくなっていったのです。6時間ごと、8時間ごと、そして10時間ごととなり、どんどん聞こえなくなっていきました」

ハルキウ周辺では現在、ウクライナ軍がロシア軍を国境近くまで押し戻している。占領された街を奪還する様子が撮影されていた。

ウクライナ軍が街を奪還する映像


駆使されたのがドローンだ。基地で兵士が操作し、街を上空から偵察。軍事作戦のシンボル「Z」が書かれた車を確認する。そして、ドローンが特定した標的を攻撃する。

複数のドローンを管理する作戦本部


今回の戦争では、各地の戦場でドローンが使われている。複数のドローンを制御している作戦本部内部の室内には、多くのモニターがあり、上空から撮影された戦場の映像が送られてくる。実際にドローンを使っているという、領土防衛隊の男性らに話を聞くことができた。

ドローンを手に持つ領土防衛隊の男性


ウクライナ領土防衛隊 
「ドローンには2つのカメラがあります。赤外線カメラと、もう一つは8倍にズームできるカメラです。そのため、遠い所から敵を確認することができます」

使用しているドローンはアメリカ製。仲間で資金を出し合い、購入したという。

ウクライナ領土防衛隊 
「これは市販されているドローンなので、ロシア軍に簡単に感知され、撃墜されます。なので、どんどん次のドローンを買う必要があります。私たちはなるべくドローンを入手するようにしていますが、キーウではドローンが品切れで買えません。だから私たちはヨーロッパからドローンを仕入れていますが、諸外国から支援としてウクライナに届けられているものもあります」