SNSやネットショッピングなどを利用するにあたり、セキュリティ強化のため一部サービスで導入されている本人確認の方法に「SMS認証」がある。メールアドレスではなく電話番号あてのSMS(ショートメッセージサービス)で認証用の番号などを送るものだ。本来は本人確認を行うために活用されている認証だが、これをほかの人にお金を払って代行してもらうSMS認証代行というビジネスがある。犯罪に利用されているケースもあるというその実態を取材した。

狙われる「電動アシスト付き自転車のバッテリー」 盗品がフリマサイトに出品されることも

 去年8月、大阪府八尾市内の駐輪場で、タバコをくわえながら自転車に乗ってやってくる男の姿を防犯カメラが捉えた。男は駐輪場に止めてあった1台の自転車の横で何かをしている。その後、男は画面から消えた。
 この自転車を見てみると、サドルの下にあった何かがなくなっている。男が盗んだものは電動アシスト付き自転車のバッテリーだ。
 男は盗んだバッテリーをオークションサイトで8000円で販売するなどし、落札されていた。大阪府内では去年1年間で電動アシスト付き自転車のバッテリーを狙った窃盗事件が366件発生していて、おととしから被害が3倍に急増している。その背景として指摘されているのが『匿名での売買』だ。
 大手フリマサイトにはバッテリーが大量に出品されている。個人を特定されたくない一般の売り手にとって匿名は便利で安心だが、警察は、盗品販売で匿名を悪用する例もあるとみている。

 (フリマサイトを見る記者)
 「こちらもバッテリーが単体で売られているようですが、見ただけでは盗品かどうかはわかりません。匿名発送となっています」

 取材班は盗品かどうかを調べるために1つ購入してみた。すると届いたのは一部が割れたボロボロのバッテリー。発送元の情報は匿名だった。結局、盗品かどうかはわからなかった。そもそもなぜフリマサイトで盗品が売買されているのか。