終戦から77年目の夏を迎えました。宮城県石巻市では、戦場に駆り出された馬、「軍馬」を取り上げた企画展が、開かれています。

戦場に送られた馬の蹄鉄と鐙。
騎兵隊が着用した大礼服は、中央に飾られています。


「軍馬」をテーマとした企画展は、石巻市北村に住む元女川高校校長、佐々木慶一郎さん(75)が、自宅で開いています。

佐々木慶一郎さんの自宅(石巻市)


佐々木慶一郎さん:「馬まで戦争に駆り出されたということで興味を持った。
(陸軍の)獣医の関係の品物が一つ、二つと入って来たので、今年は戦後77年なので、軍馬と戦争というテーマで考えました」

佐々木慶一郎さん


日中戦争から太平洋戦争までで、日本軍は、およそ50万頭の「軍馬」を、「活動兵器」として戦地に送り出しました。その役割は、人間を乗せて戦う「乗馬」、荷物を背につけ運ぶ「駄馬」、物資を積んだ車を引く「輓馬」の3つでした。


佐々木慶一郎さん:
「岩手県出身の馬で、勝山号がいる。馬で最高の栄誉とされる金鵄勲章と同じようなものをいただいた馬(勝山号)は飼い主の下に帰ってきた。それ以外の馬はほとんど戦地で倒れたり、銃殺されたり帰ってくることはなかった」


石巻市の前谷地地区には、軍馬を祀る慰霊碑があります。農家にとって貴重な働き手だった農耕馬にも、召集令状が届いていたのです。

軍馬を祀る慰霊碑


佐々木慶一郎さん:
「(馬は)農家にとってはなくてはならない大事なもの。家族と同様だったもの。その馬が軍隊に徴収されることは、そのまま労働が家族の負担になり大変なことだった」


佐々木さんは、自宅に私設の「平和資料館」を作って、50年以上にわたって集めてきた軍服や軍人の記章など、およそ4000点を展示しています。


佐々木慶一郎さん:
「いまウクライナとロシアが戦争をしていますが、決して戦争は良いことはない。(展示物は)『物を言わぬ昭和の証言者』ですから、平和の大切さを理解していただく材料になればいいなと思う」


「軍馬」の企画展は8月10日まで開かれています。