ロシアによるウクライナ侵攻が始まって2か月余り…。広島を訪れた人たちが思いを書き記すことができるノートには、早期終結や平和を願う声が残されていました。そのノートは原爆資料館に置いてあります。核の脅威が再び現実味を帯びる中、被爆地を訪れた人たちは何を思ったのでしょうか?

原爆資料館「対話ノート」より
「ウクライナの人々のことを考えずにはいられません。核なき世界を。」


英文とともに「核兵器はいらない」と訴えています。1冊のノートには、平和を願う声があふれていました。

寺岡俊記者
「原爆資料館の一角には、展示をみた感想や平和への思いをしたためる対話ノートが置かれています」


原爆資料館の本館と東館に置かれている「対話ノート」です。来館者が展示を見て感じたことや平和への願いなどを思い、思いに書いています。

ことし2月24日、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。このとき、資料館は、新型コロナの感染拡大により、休館していました。

3月7日に再開すると、対話ノートには広島の惨状とウクライナの惨状が重なったという感想が多く寄せられていました。


対話ノートより
「昨今のウクライナ情勢と比べてしまい、改めて戦争の悲惨さや無実の人々が犠牲になってしまうことに対しての怒りがこみ上げてきました」


対話ノートより
「世界中の人にここに見に来てもらいたい。今、一番見に来てほしい人はただ1人!」


ウクライナへ侵攻した当初から、核兵器の使用を示唆し続けるロシアのプーチン大統領に、被爆地を訪れて現実に触れてほしいという声も多数ありました。