四国インターハイ、ボクシングは準決勝が行われ、いずれも日章学園で、フライ級の山下学人選手、ライトウェルター級の吉住将丈選手の2人が、2日に行われる決勝へ進出を決めました。