中学時代に「二宮金次郎みたい」と担任から褒めそやされた元男子高校生は、いつの間にか父親に対し「そういう大学を出ている人の言うことは聞かない」と見下す言葉を投げつけ、周囲に「東大理三志望だ」と公言するようになっていた。

2022年1月、大学入学共通テスト当日に東大前で受験生ら3人を包丁で刺した元高校生が法廷で何度も口にしたのは、自らの「傲慢さと驕り」だった。それは受験でも、恋愛でも、彼を追い込んでいった。

「肩書きで認めさせれば」受験失敗や失恋で膨らんだ“驕り”

被告:中学3年くらいから自分は勉強ができると思い、勉強に対して傲慢になり始めた

事件当時17歳、愛知県に住む高校2年生だった。裁判所が「刑事処分が相当だ」として検察官に送り返す「逆送」を行い、起訴された。2023年10月に東京地裁で始まった裁判で、なぜ「東京大学理科三類」を目指したのかが語られた。公立中学に入り「スパルタ指導(父親の証言)」の塾に通う。中学3年時、成績は学年で一桁。しかし、第一志望の県外の高校は不合格だった。塾の同級生が合格する中「自分だけが落ちた」。

被告:醜態、失態が許せなくて、汚名返上というか。(東大理三に行って)帳消し、挽回してやるという気持ちでした

高校受験の失敗に加えて、同級生の女の子に告白し振られたことも、東大を目指すきっかけとなった。

被告:自分には勉強しかない。1人の女性に好かれるより、肩書きで上にいって、みんなを認めさせればいいという驕りがあった

第二志望とはいえ、進んだのは県内有数の進学校。入学直後の自己紹介で、東大理三志望だと宣言した。「勉強、理三という目標から一切逃げられなくするため」だった。