コロナ禍でいまも苦しみ続けているエンタメ業界やライブハウス。そんな中、神戸市にあるライブハウスが逆境に立ち向かう“非密のプロジェクト”に挑戦。「ライブ×キャンプ」でコロナ後も愛される“新しい音楽の楽しみ方”をつくりあげる様子を取材しました。

“コロナ前とはほど遠い状況”危機感抱いたライブハウス経営者

 京都府京丹後市。大阪から車で2時間半、丹後半島の山奥に、閉鎖されたスキー場のゲレンデが広がっています。
2.jpg
 今年4月、ここで“あるプロジェクト”が始まろうとしていました。プロジェクトの責任者でもある南出渉さん(47)は、神戸でライブハウス『神戸VARIT.』を経営しています。

 (神戸VARIT. 南出渉さん)
 「ここで野外でライブができるような。屋根のないライブハウスなんですけど、そういうのをつくることを考えています」
3.jpg
 南出さんのライブハウス「神戸VARIT.」は、地元のアマチュアバンドや大学軽音学部の学生らに愛され、ここから巣立ってデビューしたグループもある人気ライブハウスです。

 おととし2月、国内で新型コロナウイルスの感染が始まった頃、大阪の複数のライブハウスでクラスター(感染者集団)が発生しました。当時は、「ライブハウスは悪」などと心ない声がSNS上で飛び交っていました。
7.jpg
 生演奏を楽しむ空間はまさに“3密”。南出さんのライブハウス「神戸VARIT.」も休業を余儀なくされました。コロナ禍も2年以上がたち、飲食店などで活気が戻っている中で、「神戸VARIT.」はいまだに観客を半分程度に減らすなど、コロナ前とはほど遠い状況です。

 (神戸VARIT. 南出渉さん)
 「観客が300人入ればドリンクを飲んでいただけるお客さんが300人いるが、マックスでも100人だと200人分の売り上げの違いが1日で出るわけですし。100人埋まらないことも多々あったので、売り上げにだいぶ響きますね」
8.jpg
 南出さんは、学会などに音響機材を持ち出して配信の仕事を請け負ったり音楽以外の仕事で何とか持ちこたえたりしていますが、こうした状況に危機感を感じていました。