ウクライナの激戦地に取り残された人々の避難生活を支えるため、「ロジスティシャン」として活動した日本人の越部真さん(27)。ロジスティシャンとは、必要なモノを必要な場所に届ける、『国境なき医師団』の物流担当者です。ウクライナ東部ハルキウの避難民への支援物流ルートを確立した越部さんに、必要とされていた物資などについて話を聞きました。

防弾チョッキやヘルメットも…送るのは医療物資だけではない

 越部真さんは、国境なき医師団のスタッフとして今年3月にウクライナに入り、物流を担う「サプライロジスティシャン」として活動しました。活動拠点はウクライナ中部の街・ビンニツィアにつくられた国境なき医師団の倉庫です。
i3.jpg
 (リポートする国境なき医師団・物流担当の越部真さん 5月)
 「防弾チョッキとかヘルメットとかは実際に北部とか南部の戦闘が激しい地域で活動するスタッフ向けに送っています。ほかにも非医療物資としては、そんなに多くはないんですけど、オムツとか石鹸とかそういった衛生用品も保管して現場の方に送っています」

 あらゆる支援物資の調達から倉庫の管理、輸送するトラックの選定も越部さんの仕事です。
i5.jpg
 越部さんにオンラインで話を聞きました。

 (国境なき医師団・物流担当 越部真さん)
 「(Q国境なき医師団の活動なので医療行為に必要なものばかりだと思っていたが?)もちろん医療物資、例えば、慢性疾患の患者さんがなかなか避難先から逃げられない状況が多かったので、高脂血症であるとか糖尿病のインスリンであるとか、そういったお薬を多く送っていたのは事実なんですけれども、一方で生活環境自体を改善していくような支援も実際にはあります」