フィンランド、スウェーデンの北欧2か国がNATO加盟に向けて正式に申請を行いました。NATOの事務総長は「両国の申請を温かく迎えます」としていますが、その一方で、加盟国の一つでもあるトルコが「加盟に賛成することはできない」と難色を示しています。

その理由としてトルコは「フィンランドとスウェーデンがテロ組織を支援しているという安全保障上の懸念がある」と主張しています。こうしたトルコの動きに対し、専門家は「ある種の条件闘争のようなものでは?」という見方をしています。北欧2か国をめぐるNATOの動きについて、専門家にききました。

■フィンランド国民はNATO加盟に意欲的

山形純菜アナウンサー:
ロシアによるウクライナへの侵攻が始まって約3ヶ月。

NATO加盟を申請した北欧の2カ国、スウェーデンとフィンランドでは、ロシアへの警戒感が強まっています。

NATO加盟が今後どういった動きになるのか見ていきましょう。

軍事的に中立な立場をとってきたスウェーデンとフィンランドを地理的に見ると、ロシアと非常に近いです。特にフィンランドはロシアと約1300キロ国境を接しています。そのフィンランドの国民は、ロシアへの危機感を募らせています。

フィンランド国民
「フィンランドにも、戦争の脅威は近付いています。一国だけでは生き残れません」

フィンランド国民
「NATOに入るべき、それがフィンランドの安全に繋がります」
このような危機感は、行動にも表れています。

国防省関連団体が行っている防衛訓練では、実際に銃を持って行う訓練に参加するという方が急増しているんです。

その理由について団体関係者は、「隣人(ロシア)が予想のつかない国だから」と話しています。

そして、国民の意識も変わってきています。フィンランド公共放送が報じた「NATO加盟に関する世論調査」によると、侵攻前の2022年1月、NATO加盟に賛成という方が28%、反対という方が42%で、反対する方が多かったんです。ただ5月に入っての調査によると、賛成が76%、反対が12%と8割近くの方がNATO加盟に賛成、意欲的だということがわかります。