1943年、第二次世界大戦終盤の兵力不足を補うために20歳以上の学生を在学途中で出征させた「学徒出陣」。その第14期海軍飛行専修予備学生に相次いだ特攻命令は“国家による死の強制”だった。彼らの徴兵から79年が…