1歳4か月の息子を連れてウクライナから日本に避難してきた女性ダンサー。避難先はサーカス団。夫を祖国に残し舞台に立つ彼女の思いを取材しました。

■息子と2人で避難「私は何とかやっていくことができますが・・・」


福岡県で公演中のサーカス。ダンサーのイリナさん(30)は、3月末にウクライナから避難してきました。そして、ステージの裏には、もう一人、避難してきた人が・・・。


イリナさんと一緒に避難してきた息子の1歳4か月のマキシム君です。徴兵の可能性がある夫はウクライナに残り、母子2人で日本に避難してきました。


2人の住まいは、テント裏にあります。ズラリと並んだコンテナ。ここで団員やスタッフが暮らしています。

9カ国25人が在籍するサーカス団。実はイリナさん、以前このサーカスで1年間ダンサーとして働いていました。そのつながりから避難を受け入れてもらえたといいます。

サーカス団からは食事や住む場所が提供され、4月末には就労ビザが取得できたため
お給料ももらえます。


イリナさん:
私は給料がもらえて、なんとかやっていくことができます。でも、避難してきた人は
生活費や仕事の支援が必要です。


サーカス団の子どもたちは、マキシム君のお兄ちゃんがわり。徐々にここでの生活にも
慣れてきたといいます。