JR西日本は4月に「1日の利用客が1kmあたり2000人未満の路線」を発表。17路線30区間が赤字路線として初めて公表されました。取材班は、年間6億2000万円の赤字(2018~2020年度平均)が出ているJR姫新線の上月-播磨新宮間に注目して取材しました。JR上月駅がある兵庫県佐用町では、これまで町として駅舎の整備や学生の定期券の補助などを行い存続維持に努めていて、“廃線”を匂わせるJR西日本の発表に町職員や住民は困惑しています。

JR西日本が『赤字路線』17路線30区間を公表

兵庫県佐用町の街並み
兵庫県佐用町。観光客も訪れていますが、人口は今年3月末時点で1万5701人と減少傾向が続いています。
駅前の大通りもシャッター街に…。
JR西日本・地域共生部 飯田稔督次長
そんな中、4月、佐用町の住民らにとって驚きのニュースが飛び込んできました。JR西日本が会見を開き、初めて赤字路線の収支を公表したのです。

 (JR西日本 地域共生部 飯田稔督次長 4月11日)
 「ローカル線を取り巻く環境は大きく変化しているところでございます。今回お示ししている線区におきましては、鉄道の特性が十分に発揮できない」
JR西日本が発表した赤字路線
具体的に発表されたのは、1日の利用客が1kmあたり2000人未満の路線です。和歌山県の白浜-新宮間や兵庫県の城崎温泉-浜坂間など、17路線30区間が「赤字路線」になっているというのです。
赤字路線と発表された姫新線『播磨新宮-上月間』
佐用町を走る姫新線の播磨新宮-上月間も、1日の平均利用者数は1kmあたり750人(2020年度)で、年間6億2000万円の赤字(2018~2020年度の平均)と発表されました。

 (JR西日本 地域共生部 飯田稔督次長)
 「今回は収支率中心の経営状況が分かるものをお示ししたうえで、地域の皆さまと対話をしてまいりたい。(Q廃線も含めての議論になる?)特段、前提とか結論とかを考えているものではありません。ただ『このままの形で100%私どもの負担でこのままやってください』と言われたら、それはちょっとは困ります」