歌手の川嶋あいさんが声帯の手術を受けることを自身の公式サイトでとSNSで公表しました。川嶋さんは手書きのメッセージでファンにその心情を報告。ここ数年、声帯の不調に苦しんでいたこと、手術を決断したことを綴っています。

【川嶋あいさん SNSより引用】

川嶋あいを応援してくださる皆様へ

いつも応援していただいている音様にお伝えしなければいけないことがあります。
実は来月、声帯の手術を受けることにしました。
5年ほど前から声帯の不調が続いており、医師からは声帯結節の診断を受け、切除する手術を受けるかどうか、ずっと悩んでいましたが、手術よりもヴォイストレーニングをしながらなんとか乗り越えてゆきたいと考え、この数年歩んできました。
正直、うたうということがこんなにどうしようもなくつらいものだと感じたことは生まれて初めてのことでした。
思うようにできない、声が出せない歌えない・・・・
昨年の8月20日も、心の中ではそんなことばかり考えている自分がいました。
今年に入り、状況は益々悪化し、トレーニングを重ねてもどうしても乗り越えられないものがあるということを痛感し、最終手段として手術を選ぶことにしました。
手術をしたから回復できるのか、思うような声を取り戻せてうたえるのか、それは正直わかりません。
良くなるかもしれないし、変わらないかもしれない。
何も保証はありません。それでも、希望を持って選択をしたつもりです。術後は個人差がありますが、1ヶ月~3ヶ月程度でうたえるようになるらしいです。
ただ、今の私の声帯にはライブを長時間できるだけのキャパシティと体力がありません。

焦らずに様子を見ながら、少しずつ声を出してゆきたいと思っています。その為の苦渋の決断をすることにしました。
8月20日のライブを中止させること。
私がこんなことをお伝えしたらファンの皆サンはどんな風に想うでしょう。 ガッカリするかもしれません。
自分が生きがいとしてきた大切なものを、自分自身で失わせてしまうことほど、残酷なことはありません。
無理やりにでもやり切れる方法はないか... 探しましたが今だ答えは見つかっていません。
ならば、今はとにかく声帯を回復させるあらゆることにトライをして、次の820を迎えられるようになる為に、日々を過ごしてゆきたいと思ったのです。
私のこのワガママな決断をどうか許してください。
楽しみに待っていてくださった皆サン、本当に本当にごめんなさい。
ここからきっと、何かがまた始まることを信じて、ひとまず手術を受けて自分の声と向き合ってゆけたらと思っています。

川嶋あい
川嶋あいさんのメッセージ

【スタッフからのメッセージ 公式サイトより引用】

いつも川嶋あいを応援していただきましてありがとうございます。
この度はこの様なお知らせをすることになり、申し訳ございません。
本人からのメッセージに書かれてあるとおり、 ここ数年間声帯の不調と戦いながら歌っていました。
歌い方、 発声方法を変えるなど、 様々な改善のための試みをしてきました。
しかしながら状況は良くなることはありませんでした。
本人も数年間悩んだ結果、 残された数少ない重大な選択をする事に至りました。
今年の8.20 を終えてからという選択で随分と悩んではいましたが、満足に歌を届ける事ができないと判断し、この時期に手術に踏み切る結果に至りました。
彼女にとって一年で大切な日をこのような形で迎えることになり、この日を楽しみにしていた皆様に大変申し訳なく思っています。
8.20 は彼女にとって大切な日です。
なんらかの形で 8.20 は皆様とお会いできるよう調整させていただいていますので、詳細が決定次第ご案内させていただきます。
ファンの皆様、関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、 引き続き皆様の応援をよろしくお願いいたします。

川嶋あい スタッフ一同

【担当:芸能情報ステーション】