芦田愛菜さん主演の映画「メタモルフォーゼの縁側」の世界最速上映会イベントが行われ、芦田さんのほか、宮本信子さん、高橋恭平さん(なにわ男子)、狩山俊輔監督が登壇しました。

およそ10年ぶりに芦田さんと再共演した宮本さんは“10年前はこんなに小さかったんですよ。それから10年経って本当にいい娘さんになって”と、目を細め、

一方の芦田さんも“この作品で最初に(宮本さんに)お会いした時に、『これからよろしくね』と肩に手を置いていただいたのが、すごく嬉しくて”と話し、“毎日撮影が楽しかったです”と振り返りました。

高橋恭平さん(なにわ男子)

また、前日から緊張で眠れず『生まれたての子鹿』くらい足が震えていると話した高橋さんは、撮影中も緊張していたそうで“メンバーが誰一人いないって、こんなに緊張するんやって思いましたけど、
そういう時に現場の雰囲気がほんわかして、すごく温かかったんですよね”と、現場の空気感に救われたことを明かしました。

高橋恭平さん(なにわ男子)、芦田愛菜さん

そして、芦田さんの印象について“愛菜ちゃんはホンマにしっかりしてはって、どちらが年上か分からないくらい”と、自分より5歳年下の芦田さんに感心しきり。

さらに“僕、今、愛菜『ちゃん』って呼んでいるんですけど、最初は愛菜『さん』って呼んでいて、なかなか言いづらいなと思って勝手に『ちゃん』付けに変えたんですけど、どっちがいいですか?”と、突然の公開生質問。

芦田愛菜さん

芦田さんは“えええ“と、笑顔でとまどいながらも、“呼びやすい方で呼んでもらって大丈夫です“と、『ちゃん』付けOKが出て、会場は温かい笑いに包まれました。

そんな高橋さんでしたが、最後はこの日発売になったセカンドシングル「The Answer / サチアレ」をちゃっかり宣伝。“この映画を見てなにわ男子を覚えてもらえれば”と呼びかけました。

【担当:芸能情報ステーション】