公文書の改ざんを命じられて自殺した男性の妻が、財務省の元理財局長に対して損害賠償を求めている裁判で、妻側が元理財局長らの出廷を求めたことに対して、大阪地裁は尋問の必要性を認めつつ、判断を留保したとい…