7月27日は「スイカの日」。カピバラたちがスイカの早食いを競いました。アツかったのは、カピバラよりも飼育員さんたちの方かもしれません。

冬には温泉に浸かってのんび~り。癒し系のカピバラたちが、夏の熱戦を繰り広げました。

その名も…「カピリンピック 第7回カピバラのスイカ早食い競争」


出場は、全国5つの園代表のカピバラ5頭。果たして、優勝は誰の手に…!?

まずは静岡県・伊豆シャボテン動物公園から、去年惜しくも2位だった「ギンナン」(メス・4歳)です。

飼育員
「ギンナン!気付いた!始めま~す!」

今年こそ!と優勝を目指して飼育員さんたちの応援も熱くなります。

飼育員
「あ、いいんじゃない!いいよ!」
「がんばれ、急げ急げ!」
「あ、あ~!味わってる味わってる…」

あまりに美味しすぎたか!?思わずスイカを味わってしまう場面も…
結果、2分37秒!去年より1分近くタイムを縮めていきなりの優勝候補です。

続いて、上品な性格の栃木県・那須どうぶつ王国の「コハル」(メス・5歳)ですが、最後の1カケラを残して周りをペロペロ…

8分48秒をかけ、ゆっくり味わって完食しました。

最後に登場したのは、食べるの大好き「ヘチマ」(メス・3歳)。

途中、コハルと同じく周りをペロペロ…

ここまでか、と思いきやスイカを豪快に放り投げ、ガブリ!圧倒的なスピードで完食し、タイムは2分2秒!


優勝は、埼玉県こども動物自然公園の「ヘチマ」でした!