かつて国民的海産物だったアサリ。


干潟の減少に加え、魚に食べられる食害、エサのプランクトン不足などで激減し、今や流通量の9割は輸入物です。


そんな中、国産アサリの増産に一役買うかもしれないのが、ニワトリのふんです。

水産会社 社長
「救世主が現れたような感じ」

きょうのテーマは、『瀬戸内海で進行中 まさかの国産アサリ増産 大作戦』


アサリの流通量ですが、11年前は国産アサリの比率は半分近くありましたが、おととしは1割にまで減っています。国産がなくなってしまいそうな激減なのです。


いろんな原因が指摘されていますが、その1つが、このことわざ『水清ければ魚棲まず』―。下水処理が進んだことで赤潮を引き起こす窒素やリンの排出が減り、海はきれいになりました。反面、魚や貝にとってはエサのプランクトンが減り、住みにくい海になったというわけです。せっかく海はきれいになったのに難しい問題です。


そんな中、注目したいのが広島大学の研究者らが開発した「MOFU-DX(モフデラックス)」、通称・MOFUという鶏ふんから作った有機肥料です。


これは、Marine(海)Organic(有機)Fertilizer(肥料)Utility(効果)の頭文字をとったものです。鶏ふんは、畑の肥料ではよく使われるものですが、この肥料を使っている広島県内一のアサリの産地・廿日市市 大野地区を訪ねました。