世界遺産・厳島神社の大鳥居の大規模改修工事が去年末に、およそ3年半の歳月をかけ完了。

写真を拡大

それを記念した「週末花火」では、閑散期にもかかわらず、のべ3日間の開催でおよそ4万6000人が島を訪れました。5月に開かれるG7広島サミット後には、国内外から多くの観光客が宮島を訪れることが期待されています。そんな宮島に新たな開発計画が浮上しています。ところが…。

地元参加者
「いきなり『開発しますから、みなさん、ご理解ください』では、わたし、絶対ないと思うので」

高級ホテル誘致の構想に異論が噴出…。宮島が揺れています。

小林康秀 キャスター
まずは、宮島の来島者数を振り返ってみましょう。1978年(昭和53年)からの来島者数データですが、世界遺産に登録された1996年は298万人で、その後もおおむね300万人…。2012年の大河ドラマ「平清盛」の放送以降は右肩上がりに推移して、2019年にはインバウンドの影響もあり、465万人を突破し、過去最高を記録しました。コロナ禍でこの3年は激減しましたが、これから回復に期待をしている「世界から人を呼べる広島の重要なコンテンツ」です。

そんな中、宮島に新たな開発計画が、持ち上がりました。それが、こちら!

島の東側…、厳島神社や商店街とは反対側にある包ヶ浦自然公園に、国内外の富裕層をターゲットにした宿泊施設を誘致しようという計画が持ち上がりました。先週、初めて説明会が開かれたのですが、計画への異論が続出しました。なぜなんでしょうか?


先週2月1日、宮島で「地方における今後の宿泊施設のありかた」と題して、勉強会が開かれました。

廿日市市 松本太郎 市長
「世界の一流といわれる観光地の仲間入りをするために今、わたしたちは何を活動しなければいけないのか。そのことを考えていきたいと思います」

去年2月、観光庁が自治体などの上質な宿泊施設誘致を支援する事業で、廿日市市は全国10の地域の1つに選ばれました。

観光庁 柿沼宏明 観光課長
「外資が悪い、国内資本が良いとかそういう話ではない。地域のみなさまとの結びつきを強めるように。地域のため、地域貢献となるような改修は必ず入れてくださいと言っている」

廿日市市によりますと、事業の選定後、すでにいくつかの事業者が包ヶ浦を訪れたということです。専門家からはこんな意見も…。

アトリエラパズ 永原総子 社長
「トラベルデザイナーとしては、まだまだ宿が足りないのではと思っています。宮島には年間460万人の入込客数があるということですが、10%も満たない宿泊人数と聞いています」

しかし、地元からは…。