SDGsについて考えるシリーズ「つなごう沖縄」ゴールデンウィークの今回は生物の多様性を支える「湿地」について考えます。

漫湖水鳥・湿地センター 池村浩明さん
「価値がある。その価値を理解することから始まるんですけれども、守るべき価値があるってことを多くの人が知ることじゃないかとは思うんですけど」

漫湖は1999年5月全国で11番目、県内では初めてラムサール条約の登録湿地になりました。漫湖水鳥・湿地センターは、そんな漫湖を生かす様々な活動を支援するための拠点施設として、環境省によって設置されました。

県内には現在、漫湖をはじめ5か所の登録湿地があります。

漫湖水鳥・湿地センター 池村浩明さん
「干潟はちょうど川と海、それから陸をつなぐ働きを持っていまして、川の上流から運ばれてくるいろいろな有機物であったりとか、我々人間の生活が出す汚れなどを干潟に暮らす生き物たちが分解してくれて綺麗になった水が海に流れる。そういう意味からすると一つは干潟の水質浄化の働きがあります」

漫湖のように海に面した河口の環境だけが湿地ではありません。
小さな池や、田んぼ。人工物で言えば、ダムも湿地です。
人間と自然の存続に欠かせない「水の循環」を担う湿地の生態系。その価値はイメージしにくいかもしれませんが、確実に私たちの暮らしを支えています。

漫湖水鳥・湿地センター 池村浩明さん
「こういう環境があることでそれを観光であったり、学びの場として利用したり、様々な恩恵を得ることが出来ます。人間にとってはいろんな価値があるんですけども、もちろん干潟の価値というのは人間だけじゃなくて、そこに暮らす生き物たちすべてにとっても価値なんです。なのでそういう価値を守る必要があると思っています」

毎年4月に漫湖周辺の清掃ボランティアを行っている技研工業。今年も1年分の草刈りとゴミを拾います。

技研工業 企画営業部 新城広喜 部長
「15年ぐらい前から活動させていただいてます。始めたころはかなりの空き缶とかそういうのも結構多かったんですよね。かなり減ってはきてますね」

漫湖水鳥・湿地センター 池村浩明さん
「ただそこ(泥干潟)でごみ拾いするのはすごく大変なんですね干潟の上を歩いて行ったり、こういう街中にあるごみを拾いやすいうちに拾っておくってことは湿地守る上でもとても重要です」

こうした取り組みは、海の豊かさを守るという、SDGsの目標へとつながっています。

センターが行う活動の一つに、小学3・4年生を対象とした体験塾があり、1年を通して、専門家の先生と会話をしながら学び、遊びます。
この日は、新型コロナの影響で中止となったプログラムの補講が行われました。

池村さん)「ここに実は生き物が隠れています」
男の子)「いた!これ」
池村さん)「貝の仲間です、ゴマセンベイアワモチ。こういうコマセンベイアワモチもこういう干潟にしか暮らせません干潟歩いてみてわかったと思います本当は今みんなが立っているこの場所も 柔らかかったです。周りの影響を受けて少しずつ干潟の環境が変わってきています。どっちかというと健康じゃなくなってきています。今ちょうど その変化が起きている最中の干潟をみんなに知ってもらうことが出来ました

女の子)「思ったよりもわかりにくかった、もうちょっとはっきりしているかと思った」
池村さん)「わかりにくかった大事ですね。図鑑とか教科書はわかりやすいものを使っているので必ずしもその通りにはいかないものがいっぱいです。自然とかね。わかりにくかったすごい大事ですね」

男の子)「今日干潟に入って、前よりもゴミもあったし、なんかメチャメチャになってた」

池村)「ゴミ拾いの大事さをみんなわかってくれて嬉しいです。
ありがとうございました」