ウクライナ出身のAPUの留学生が、福岡市に避難してきた祖父母と27日、4年ぶりに再会しました。遠い母国から戦火を逃れて日本にやってきた家族と、無事に逢えたことを涙で喜ぶ姿に密着しました。

ウクライナ出身で大分県別府市のAPU(立命館アジア太平洋大学)に留学しているダリーナ・モイセイエンコさん(22)。

(ダリーナ・モイセイエンコさん)
「きょう福岡におばあさんとおじいさんに会いに行きます。とても楽しみにしています」

ダリーナさんの祖父母は戦火を逃れ、親族を頼って1週間前から福岡に避難しています。そして27日、4年ぶりに再会することになりました。

(ダリーナ・モイセイエンコさん)
「長い時間会っていないので緊張しています。散歩して色々な会話をしてご飯食べに行きたい」

別府を発ち、高速バスや電車を乗り継ぐことおよそ4時間、ついにその瞬間がやってきました。

ダリーナさんの祖父母、シデンコさん夫婦は、戦局が激しさを増すウクライナ東部のドンバス地方から逃れてきました。

(ダリーナ・モイセイエンコさん)
「とてもうれしいです。やっと会えました」

2人は、福岡市内にマンションを借りて生活。平和な暮らしを手にしました。

(ダリーナさんの祖母シデンコ・イリーナさん)
「涙が出るほどうれしい。もう会えないと思っていた。日本のみなさんのサポートのおかげで平和な生活を手にできた。本当に感謝している」

日本にきてから1週間、徐々に落ち着きを取り戻しつつあるものの、爆撃に怯えた日々を思い出すと涙が止まらないといいます。

ダリーナさんはしばらく祖父母のそばにいて心のケアに努めます。

(ダリーナ・モイセイエンコさん)
「別府に帰りたくない。ここにずっといたい。精神のサポートしてあげたい。また休みになったらすぐに会いに行きます」