少年少女が直面する夏の危険に迫ります。大阪府には新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が出ていますが、夏休みということもあり、夜の大阪・ミナミには多くの未成年の若者たちがいました。そうした中にはどんな危険が潜んでいるのか。MBSの大吉洋平アナウンサーが若者たちのリアルな声を聞きました。

大阪・ミナミの道頓堀の夜

(大吉洋平アナウンサー 8月6日午後8時ごろ)
「午後8時を過ぎました。緊急事態宣言が発表されている大阪・ミナミの道頓堀に来ています。若い人たちを中心にこの時間も街は賑わっています。皆さんいったいどういう理由で街を行き交っているのでしょうか」

8月2日(月)から大阪府では4回目の緊急事態宣言が出ていますが、8月6日(金)の夜、ミナミの街には多くの若者が集まっていました。


危ない人に…「胸ぐら掴まれた」


(大吉アナ)「いま何歳ですか?」
 (4人組)「今17歳です。みんな17歳、16歳です」
(大吉アナ)「夜遅くに外に出ていて保護者は心配しないですか?」
 (4人組)「いやー毎日ほんまに心配されますね。電話が鳴りやまないですね。電話とかLINEで、うるせーだまれって。反抗期ってゆうか、そういう口調で」
(大吉アナ)「夏休みってゆうのもあるのかな?若い人が多く外に出てるのは?」
 (4人組)「そうですね。コロナでも関係なく人集まるんで。マスクしていない人もいますね」

(大吉アナ)「危ない目にあったこととか、危険なシーンを見たこととかってありますか?」
 (4人組)「ありますね。危ない人に胸ぐらを何度か掴まれるってゆう事件があります。邪魔やったんですかね。何度か掴まれて、落とされて、掴まれてっていう」