きょうから始まった“都民割”。受付開始の瞬間から電話が殺到し、その様子はさながら争奪戦。独自プランがオトク過ぎるホテルは開始30分で売り切れとなりました。

■受け付け開始から殺到する電話 “都民割”争奪戦

いわゆる“都民割”=「もっとTokyo」の販売開始は、6月10日の正午。その時間、「はとバス」の本社では・・・

スタッフ
「もっとTokyoのコース予約受付開始します!」

正午の受付開始から、予約の電話が殺到!オペレーターが一斉に電話対応し、“争奪戦”の様相に!

オペレーター
「お日にちが7月31日の日曜日、人数が大人の方4名様で承りました」

社員は対応に大わらわです。

6月10日に再開された“都民割”の対象は、都民の都内旅行。

▼6000円以上の宿泊旅行:1泊5000円補助
▼3000円以上の日帰り旅行:1回2500円補助
※子どもはさらに1000円上乗せ

ワクチンの3回接種か、検査結果が陰性であることが条件となります。

「はとバス」が今回、販売するプランの一つは、東京タワーの展望デッキで景色を楽しんだあと、船に乗って東京湾クルーズを満喫するコース。通常料金は、▼大人5500円ですが、“都民割”効果で▼3000円に値引きされ、小学生はなんと▼1000円で利用できます。

家族でも楽しめる、はとバスの“都民割”プラン。受付開始から、数時間ほどで、売り切れとなる日が続出しました。

はとバス広報室 伊藤百那さん
「想像以上に反響をいただきまして、これだけ販売開始に予約が集中するというのは、想定以上でしたね」

約1年半ぶりの“都民割”の再開。長く待たされた分、期待も膨らんでいます。
「都内でプチぜいたくみたいな」

「(宿泊以外の)付加価値みたいな、どこで何ができるかというところも大きいかなと思います」