ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まって3か月。ロシア軍が制圧を目指し激しい攻撃が続く東部ドネツク州にJNNの取材班が入りました。ロシアが制圧を狙う町は今どうなってるのでしょうか?

■増え続ける市民の犠牲 カメラが捉えた惨状の跡

ロシア国防省は5月22日、ドネツク州とルハンシク州の17カ所をミサイルで攻撃したと発表しました。

住民の男性
「爆弾はあそこに落ちた。爆発で全て吹き飛ばされた」軍事侵攻が始まって3か月、市民の犠牲は増え続けています。


警官
「みんな家に入って!イラはどこにいるの?」

住民
「家にいるよ」

警察
「地下に降りなさい」

23日、各国の政府高官や企業トップが集まる「ダボス会議」で、ゼレンスキー大統領は以下のように述べました。

ゼレンスキー大統領
「ロシアに対し導入されるべき制裁がまだ行われていない。ロシアの石油禁輸、すべての銀行の封鎖、IT分野の拒否、完全な貿易停止です」
攻撃が激化するドネツク州に、JNNの取材班が入りました。
4月上旬、ミサイルが着弾したクラマトルシク駅では、子どもを含む61人が死亡し、121人が負傷しました。

当時現場にいた男性
「一番多く被害者が出た場所です。テントがあり、みんなお茶をもらって休んだりしていました」
手足が切断されている人も、バラバラになった人もいた。私が転んだら、上に多くの人が覆い被さってきた。その人のおかげで私は助かったのです。私の上に死者と負傷者がいました」