【パンタレイ取締役 高橋勉教授】
「社長と部下です」

【佐藤社長】
「もともとは、指導教員とその学生。私も高橋研究室に所属して7年いたので、今もなお師匠と弟子の関係」

実は、この風車を開発したのはパンタレイの取締役であり、長岡技術科学大学の教授でもある高橋さんなのです。佐藤社長はもともと高橋研究室に所属していた学生で、今は大学の特任助教も務めています。パンタレイは長岡技科大発のベンチャー企業です。

【高橋教授】
「実用化させて普及させようという場合には、また別の才能が必要。私が淡々と学術的に説明するよりも、これに共感して、これをぜひ世に出したいという佐藤さんの熱意というのは、聞く人に対して説得力が全然違う」