JR福知山線の脱線事故から今年4月25日で17年です。当時、重傷を負った1人の女性に話を伺いました。

意識が戻ったのは事故から5か月後…現在は家族と静かに暮らす

 2005年4月25日、兵庫県尼崎市でJR福知山線の快速電車がカーブを曲がり切れず脱線。線路脇のマンションに衝突し、乗客ら107人が死亡、562人が負傷しました。新型コロナの影響で2020年・2021年は開催されなかった追悼慰霊式が3年ぶりに行われ、遺族やJR西日本の関係者ら約250人が参列しました。

 一方、脱線事故が起きた4月25日をいつも通りに過ごした女性がいます。鈴木順子さん(47)です。2両目に乗っていて事故に遭いました。

 (鈴木順子さん)
 「(Q事故から17年ですが?)そんなに?そんなに経ったんですか。あっという間ですね」
 事故当時、順子さんは30歳。救出された時は呼吸が弱くなっていて、大阪の病院に搬送されましたが、医師は「覚悟を決めておいてほしい」と家族に告げます。
 意識が戻ったのは5か月後。その時、発した言葉は「お母さん」の一言でした。

 (母・もも子さん 2005年9月)
 「順ちゃん、笑って、笑って」
 それでも会話を交わしたり、身体を動かしたりすることは難しく、長いリハビリ生活が続きました。
 退院したのは事故から11か月後。現在は家族と静かに暮らしています。

 (ヘルパー)「スクワットいきますよ」
 (順子さん)「えー!過酷!スクワットなんて普段したことないから」

 冗談交じりの愚痴を言いながら、週に3回のリハビリを欠かしません。