ウクライナのブチャで起きた市民の虐殺をフェイクだと主張するロシア。私達は、その主張を覆す決定的な証言と映像を入手した。

■ロシア側が否定する“虐殺”の事実 主張覆す証拠を入手


ウクライナ侵攻をめぐる激しい情報戦。4月2日、ウクライナ軍が撮影したとされるブチャの虐殺の映像が公開された。

だが、ロシア側は・・・

ロシア ラブロフ外相
「ロシア軍はその街を3月30日に撤退しましたが、4月2日に、反ロシアを意図したパフォーマンス映像が公開されました」

ロシア側の主張


ロシア軍が撤退した3月30日までは遺体がなかったのに、ウクライナ軍が入った4月2日に遺体の映像が急に現れたため、「これがフェイクなのでは」と主張しているのだ。

私達は、ロシア側の主張を覆す映像と証言を得た。
証言してくれた男性は侵攻後も避難せずに、銃弾などで壁にあいた穴から様子を見続けていたという。

取材に応じた男性

これまで身元の特定を恐れ、メディアの取材を拒んできた。

遺体があった通りに住む男性
「2月27日から戦車がきました」

その日、男性が撮影した映像には、ロシア軍の戦車が列をなして走る様子が記録されていた。その直後・・・銃声が鳴り響いた

そして虐殺は3月5日から始まったという。

男性の証言


遺体があった通りに住む男性
「3月5日と6日に壁の穴からのぞくと、遺体がすでにありました。6日か7日に車が燃やされて、その中に4人の遺体がありました。その後も遺体が増え、歩いていただけの市民を殺していました」

ロシア軍が撤退する3週間以上前から住民の犠牲者が出ていたと証言した。

さらに男性は、ロシア軍の撤退直後に数々の遺体の映像を自ら記録したという。撮影された映像には、男性の声で当時の生々しい状況が説明されていた。

男性が当時撮影した映像

遺体があった通りに住む男性
「このおじいさんは自転車に乗っていたところを殺された。1か月も経って、体が黒くなっている。あの人たちもそう、車の近くで殺されて倒れたままだ」

増尾聡 記者
「この映像はウクライナ軍がここに来る前に撮ったものですか?」
遺体があった通りに住む男性
「その前です。ウクライナ軍がまだいないときに撮影しました」

男性は、ウクライナ軍がフェイク映像を撮るのは不可能だと話した。