4月8日朝、ウクライナの首都キーウ。メディアツアーの集合場所に着き、年季の入った黄色いバスに乗り込みます。

不発弾や地雷が爆発する可能性があるため、このメディアツアーでは防弾ベスト着用がマストでした。
防弾ベスト着用はマスト

バスはキーウ市内からホストメリへ。直線ではなく迂回ルートで目指します。

市外に出たとたん、破壊された車両や建物が目立つようになります。
破壊された車両や建物が目立つ

途中、ブチャを通過しました。

建物の被害が目立ちます。
ブチャを通過

ホストメリの空港、通称“アントノフ空港”に着くと、携帯を機内モードにするよう指示されました。携帯が1か所にたくさん集まっていることがわかると、攻撃の対象になる可能性があるからです。

ホストメリの空港は侵攻初期にロシア軍が急襲、制圧しました。キーウに近いため、首都包囲の足掛かりにしようとしたと見られています。

その戦闘の中で、大きな損失が出ました。

記者:
「世界最大の輸送機、“夢”という名前の飛行機でした。無残な姿をさらしています」
ウクライナ語で“夢”=「ムリーヤ」と名付けられた「アントノフ225」

ウクライナ語で“夢”=「ムリーヤ」と名付けられた「アントノフ225」。エンジン6つ、幅は88メートルあまりあり、その大きさで世界に名が知られてきました。

アントノフ225の前には軍用車両の残骸が残されていました。砲弾もあれば、兵士のものと見られる靴や、靴下も…。

正面には巨大な格納庫がありました。
巨大な格納庫 入り口が破壊されていた

記者:
「格納庫の入り口は完全に破壊されています。中の機体もダメージを受けています。そして、格納庫入り口付近にはVのマークが書かれたロシア軍の軍用車両。約10台くらい焼け焦げた状態で集められています。集められているのか、そもそもここでこうなったのか、状況がよくわかりませんが」
ロシア軍の軍用車両の残骸

これらの軍用車両は戦闘で破壊されたもの、あるいはロシア軍が4月上旬に撤退した際、爆破していったものと見られます。

格納庫の中にあった機体には、「アントノフ124-100M-150」と記されています。
“ルスラーン”と呼ばれる機種と見られます。

ウクライナ政府はホストメリの空港を再建する作業を始める、と表明しています。また、ムリーヤについても、持ち主のアントノフ社は、再建に向けて資金を募り始めています。