3歳の女児が家に9日間放置され、脱水と飢餓により死亡した。この事件を聞いて、どんなに苦しかったろう、寂しかったろうと、小さい体で懸命に耐える女の子の姿を想像した人も多いのではないだろうか。母親はいったいなぜそんなことをしたのか。裁判を傍聴してみえてきたものとは。(TBS報道局 久保田智子)

■「大好きで、一緒にいたかった」9日間放置した事実との矛盾

検察官から放置された娘の気持ちを聞かれ、母親は答えた。

「のんちゃん(死亡した娘)はうちのことが大好きだった。うちと同じで大好きで。常に、生まれたときから、うちがみえなくなると、離れると、泣く子だったので。きっとうちがいない間、泣いたり、我慢してたかなって・・・寂しかったと思うし、うちといっしょで、うちと一緒にいたいって、泣いてたかなって」

うちと同じで。うちといっしょで。母親は死亡した娘に自分を重ね、自分も同じように娘が大好きで、一緒にいたかったのだと主張した。しかし、大好きで、一緒にいたかったはずの娘は9日間放置され、衰弱死した。

シングルマザーの梯沙希被告(26)は、おととし6月、鹿児島まで9日間の旅行に出かけている間、長女の稀華ちゃん(3)を東京・大田区の自宅アパートに放置し、脱水と飢餓で死なせた罪などに問われている。東京地裁で開かれた初公判で、梯被告は起訴内容を認めた。検察側は「鹿児島には交際相手に会いに行った」「身勝手な犯行」と指摘。弁護側は、梯被告の子どものころの経験が犯行に影響していると訴えた。

弁護側の証人として出廷した子どもの虐待に詳しい臨床心理学の専門家は、梯被告にはいくつかの特徴がみられると証言している。ひとつは、被告自身への「壮絶な虐待」の影響。そして、もう一つが、人生の大半を施設で過ごし「古いタイプの集団養育」がされた影響だった。

■包丁で刺され、ゴミ袋に入れられ、風呂場に投げられた過去

梯被告は小学校低学年のころ、母親から虐待を受けていた。そのころの状況を梯被告は次のように振り返る。

「(母親は)機嫌が悪いとご飯くれなかった。暴言を吐かれたり、もので叩かれたりしました。お前は私の言うことがきけないのか、あんたのお母さんじゃない、生まれなきゃよかった、とか言われました」

最初は嫌だと言っていたが、徐々に抵抗はしなくなったという。虐待はエスカレートした。

「口を縫われたり、包丁で刺されたり、お風呂の水で沈められたり、(ガムテープで)縛られたりしました。ビニール袋に入れられたり、目隠しをさせられたり、階段から落とされたこともありました。・・・最後に覚えているのは、包丁で刺され、ゴミ袋に入れられ、風呂場に投げられた。怖い、辛い、苦しくて、でも何も言えなかった。気づいたら病院でした」

母親は逮捕された。梯被告は保護され、その後児童養護施設で18歳まで生活する。自分が受けた虐待について、梯被告は数年間記憶から消えていたという。しかし、小学校高学年でガムテープのにおいを嗅いだのをきっかけに、当時の様子がフラッシュバックする。よみがえった記憶が怖くてたまらなかったが、自分の経験についてその後も誰にも相談することはなかった。

「話したいと思うけど、言えなかった。苦しくて言えない。周りは、みんなが怖く見えました。どう接していいかわからない。全部、お母さんと一緒だなと思ってしまって、余計言えなくなりました。相手に合わせて、常に笑っていました」