去年8月の大雨での避難行動 専門家も「興味深い」調査結果

梅雨末期のような気圧配置が続き、西日本を中心に各地で記録的な大雨となった去年8月…。特にお盆の時期には、九州北部や広島県に「大雨特別警報」が発表され、河川の氾濫や土砂崩れなどが相次ぎました。当時のニュースや天気予報では、「西日本豪雨に匹敵する雨量のおそれ」といった伝え方がされていました。実際、8月中旬に広島県で降った雨の合計は、県の北西部を中心に、4年前の西日本豪雨を上回る記録的な大雨となりました。一方で被害は、4年前と比べるとかなり限定的なものでした。


去年8月の大雨について、広島県は、住民の避難行動に関する状況を把握するためのアンケート調査を行いました。調査対象や質問内容は以下の通りですが、ザックリいうと、「『土砂災害』または『洪水』の危険性のある場所」にいて、かつ、「実際に避難指示以上が出されたエリア」にいた人が対象で、「災害が起こる前にどのような行動をとったか」を聞いたものです。



「事前の避難の実態 」について調査

大雨災害が起きた際の避難行動に関する調査は、これまでに起きた多くの災害で、色々と行われていますが、今回の調査について、災害情報学が専門で、自らも数多くの災害に関する調査を実施している静岡大学防災総合センターの牛山素行教授(災害情報学)は、次のように話しています。

―静岡大学防災総合センター 牛山素行 教授
「よくあるアンケートだと、災害と直接関わりのない人の回答がけっこう入ったりするが、この調査の警戒レベル4以上が出た地域で、かつ、土砂災害警戒区域または浸水想定区域にいる、つまり災害の可能性のある所の人に限定して調査されている」




その中でも、牛山教授は、➁の「避難率」や「避難先」に関する質問の回答が、今の避難に対する人々の意識を表していて「非常に興味深い」と話します。そのあたりを詳しく見ていきましょう。