沖縄戦当時に読谷村から国頭村に避難し、食料難から、お米と交換して手放した着物が77年ぶりに持ち主の元に戻ってきました。この着物から、やんばるの戦(いくさ)と、人々の思いを見つめます。紫色に染められ、菊…