古くから沖縄の食文化や伝統行事で重宝されてきたヤギ。近年は消費の増加に伴い生産も増えていますが、食用ではなく可愛さや癒しを求めたヤギが今人気を集めています。

■カメラに興味津々なヤギたち


うるま市石川にある「ミニボア太陽牧場」牧場に笛の音が鳴り響けば、小さなヤギたちが小屋から元気に飛び出してきました。無心にえさを食べる子ヤギがいれば、カメラに興味を持ったり、人に近寄って甘えたりとその愛らしい姿はこれまでのヤギとはひと味違います。

ミニボア太陽牧場 仲西萠男さん
「相当な癒しを貰って毎日が楽しい、前までは全然ただのヤギと思ったが子どもみたいでもっと成長するのを見たいから長生きしたい」

牧場を運営している仲西萠男さん。7年前から食用ヤギの飼育をしていますが可愛いヤギを作りたいと5年前から品種改良に挑戦しました。


仲西さん
「このボア種という品種だけどこれは穏やかな性格なんですよ、穏やかでおっとり型で顔が外人みたいなハンサムな顔をしている」



沢山の小さいヤギの中でも、特に仲西さんが生産に力を入れているがこちらの個体。大きく長く垂れ下がった耳におっとりしたハンサム顔という“ボア種”の特徴がよく出ていて、去年「ミニヤギボア太陽ベーベーズ」という名前で新種登録されました。

仲西さん
「メスが小さいから、雄が大きくても母親が小さければ半分くらいで生まれてくる」
■掛け合わせる雄雌でこんなにサイズの違いが!

食用としては大型ヤギが望まれる中それに逆行するようにヤギの小型化を進めた仲西さん。そのノウハウはどこにもなく試行錯誤の日々が続きました。特に最初に掛け合わせたボア種の大きさは100キロオーバー。大きな雄と小さな雌の交配はできないため仲西さんは手作りの人工授精機を作成するなど、独自の方法を確立させていきました。
■大人でも小型犬程度のサイズ

交配を重ね小型化を進めてきた結果、今では体重10キロ程度の小型犬サイズにまで小さくなりました。しかしミニヤギたちを見るとボア種の特徴がない小ヤギが多いことが分かります。それには遺伝の性質が関わっているといいます。