去年5月、島原市で介護していた認知症の祖母(91)を殺害したとして殺人の罪に問われている37歳の孫の判決公判が6日開かれ、懲役3年・執行猶予5年の有罪判決が言い渡されました。
被告は去年5月、同居して介護していた91歳の祖母の顔を自宅などで複数回殴ったうえ、仰向けにした上半身を複数回踏みつけるなどして殺害したとされ、検察側は『懲役6年』を求めていました。
裁判では起訴内容に争いはなく、”喪失”なのか”耗弱”なのか、被告の犯行時の責任能力が争点となっていました。