大分県別府市でおきた死亡ひき逃げ事件で、警察は6日、逃走している容疑者の顔写真つきの手配書をJR別府駅などに掲示し、情報提供を呼びかけています。

6月29日、大分県別府市で大学生2人が死傷したひき逃げ事件で、警察はすでに大分県日出町の会社員、八田與一容疑者(25)を公開手配しています。

八田容疑者の手配書


この事件を受け、警察は6日、顔写真の入った八田容疑者の手配書をJR別府駅や別府市内のフェリーの発着場など3か所に掲示しました。警察によりますと、6日までに県内外から17件の情報が寄せられています。

(別府警察署交通課・正成祐治課長)「公共交通機関を利用するという可能性もあるので、今回掲示をさせていただいた。皆さんから集まった情報を元に必ず犯人検挙につなげたい」


警察は八田容疑者が県外に逃走していることも視野に入れて行方を追っています。