前線を伴った低気圧や寒冷前線の影響で、週末は台風並みの大荒れの天気となりそうです。北日本から西日本では、17日から18日にかけては暴風や高波に警戒し、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要です。
また、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意が必要です。

【画像を見る】19日までの雨風シミュレーション・週末の雨雪シミュレーション

気象庁によりますと、朝鮮半島付近には前線を伴った低気圧があって、東北東に進んでいます。また、16日夜には本州の南岸に別の低気圧が発生し、前線を伴って北東に進む見込みです。
これらの低気圧は、発達しながら北日本からサハリン付近に進み、17日から18日にかけて、北日本から西日本の広い範囲で気圧の傾きが大きくなる見込みです。

17日には、これらの低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、
また、18日には、西日本から東日本の上空に寒気が流入する見込みです。
そのため、17日から18日にかけては、北日本から西日本の広い範囲で、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。


北日本から西日本では17日から18日にかけて非常に強い風が吹き、海上では大しけとなる所がある見込みです。