セブン-イレブン本部と店舗の元オーナーが争っていた東大阪セブン-イレブン訴訟。6月23日に大阪地裁の判決が出ました。その結果、セブン本部側が勝訴となり、元オーナーとの契約解除を認める形となりました。23日の判決後に行われた会見で、元オーナーは何を語ったのでしょうか。

『セブン-イレブン本部と元オーナー』これまでの経緯

 (東大阪南上小阪店・元オーナー 松本実敏さん 2019年)
 「これ以上やったら本当に倒れるか、過労死とまで…あえて言いますけど、それくらいになったので」
2.jpg
 東大阪市にあった「セブン-イレブン東大阪南上小阪店」の元オーナー・松本実敏さん。2019年、人手不足を理由に、セブン本部の許可無く24時間だった営業時間を短縮することにしました。これに対してセブン本部は24時間営業に戻すよう求めましたが松本さんは時短営業を継続。その年の年末にフランチャイズ契約を解除されました。

 その後、セブン本部側は、店舗の明け渡しなどを求めて松本さんを提訴。一方の松本さんも、契約解除は無効だとして大阪地裁に訴えを起こし、法廷で争うことになりました。

 (東大阪南上小阪店・元オーナー 松本実敏さん 2020年2月)
 「今後やっぱり声を出すオーナーも増えてくるでしょうし、対等に話し合いができる立場になってもらうためにも、頑張っていきたい」
3.jpg
 さらにその最中、セブン本部側は元々あった店舗の駐車場に「セブン-イレブン(仮設店舗)東大阪店」を建てて営業を開始。敷地には白いパネルが建てられ、その反対側には松本さんの店舗が使われないまま残っています。

 激しく対立する両者。裁判で争点となったのは“契約解除の理由”です。松本さん側は「時短営業を先導した意趣返しとしか考えられない」として契約解除は無効だと主張。一方のセブン本部側は「客から店へのクレームが多く、改善を求めたのに異常な顧客対応を続けたことが理由だ」として契約解除は有効だと主張しました。