舞台「ようこそ、ミナト先生」のフォトコールと取材会が行われ、主演の相葉雅紀さん、松平健さんらが登壇しました。

舞台『ようこそ、ミナト先生』

相葉さんが演じるのは非常勤の音楽教師・湊孝成。甲信越地方の山あいにある町・日永町を舞台に、町や人生の再生をテーマにした心温まるオリジナルストーリーです。相葉さん、脚本の金子ありささん、演出の宮田慶子さんが12年ぶりにタッグを組む今回の舞台。相葉さんは“初日にする話じゃないですけど、辛かったです。(演出の宮田さんに)結構シゴいていただいたので。(前の舞台から)12年間空いたというのもあるけど、12年間分もダメ出しされていた感じで、なかなかハードでした。愛のあるシゴキでした”と、大変だった稽古を振り返りました。

相葉雅紀さん、松平健さん

また、今回が舞台初共演となる松平健さんについて、相葉さんは“松平健さんのオーラがスゴイので、(稽古中は)近づきがたいのはあるけど、健さんの方から話しかけてくれたりしたので、和んでやらせていただきました。対峙して感じました。目の力もそうだし、放ってくるパワーもそうだし、言葉以上のものが伝わってくるので、勉強させてもらっています”と、松平さんの印象を教えてくれました。

相葉雅紀さん

さらに、同じ事務所の親友、風間俊介さんの話になると、“風間くんもきょう(舞台)初日なので、さっきLINEしました。けれど(返事が)返ってきませんでした”と残念そうに語り、親友同士が同じ日に舞台初日を迎えることについては、“嬉しい反面、観に行けないし、来てもらえないのは寂しい。個人的に風間くんが家に来た時に(演技を)披露しあいます”と、仲の良さをアピールしていました。

嵐のメンバーについては、“松本(潤)くんは『時間見つけて来るから』と言ってくれたけど、みんな忙しいので。でも、リーダー(大野智さん)は来てくれてもいいのに”と、嵐のメンバーが来てくれることを願っていました。

担当:芸能情報ステーション