岸田文雄総理は、6月10日からの“外国人観光客受け入れ再開”を表明しました。そんな中、観光客の受け入れ再開に先立って各地で5月24日から行われているのが、訪日観光実証事業です。関西では5月27日、和歌山県にシンガポールから4人の観光客がやってきました。その様子を取材すると、受け入れ再開に向けた新たな旅の姿が見えました。

『実証事業』で和歌山を訪れた外国人観光客たち

 5月27日午後1時ごろ、和歌山県白浜町の南紀白浜空港に到着した飛行機。拍手で迎えられたのはシンガポールからの外国人観光客4人です。

 政府は5月24日から、外国人観光客の受け入れ再開に向けた実証事業として、少人数の訪日ツアーを開始。27日に和歌山にもやってきたのです。
w1.jpg
 (実証事業に参加するシンガポールからの観光客)
 「空から見た景色はすごく感動しました。旅を始める前から日本に魅了されています」
w2.jpg
 4人はシンガポールの観光業界の関係者で、日本のコロナ対策などをチェックしながら、4日間かけて県内の観光名所を巡ります。