2021年12月24日、クリスマスイブ。札幌の夜景を一望できる展望台に、1組のふうふが訪れました。

クリスマスツリーの横でほほえむのは、きみちゃん・29歳。からだは女性、こころは男性のトランスジェンダーです。きみちゃんの写真を撮っているのは、3歳年上のちかさん。からだは男性、こころは男性ですが、日によって女性寄りの日もあって、好きになるのは男性だけ。

2人は、「こころが男性どうし」のふうふです。

きみちゃんのおなかには、新しい命が。出産予定日はちょうど1か月後。羅希(らき)と名付けることに決めています。「希望にあふれた子に育ち、人を希望に導けるようになってほしい」という想いを込めて、羅針盤の「羅」と希望の「希」を組み合わせました。

2人の間に宿った新しい命を、若手記者の「わたし」が見つめる連載企画。これまで、結婚や妊娠に葛藤しながらも、明るい未来を思い描いていく課程をお伝えしてきました。でも…待ちに待った羅希ちゃんとの対面の日は、思いがけない形でやってきました。
(全4回の4回目/第1回第2回第3回を読む)

2人だけの、最後のクリスマス

きみちゃんとちかさんが一緒に過ごすクリスマスは、3回目。きみちゃんは「外出してのクリスマスデートは初めて」と、照れくさそうに笑います。

そんな大切なデートに、デジタルカメラを持ってついてくるわたしを、2人は快く受け入れてくれました。

「僕たちの生き方を伝えることで、ひとりでも多くの人が生きやすい環境をつくることにつながっていけばいい」取材を始めてから、何度か伝えてくれたその言葉に、わたしは「2人が社会の中で感じる壁だけではなく、幸せな瞬間も伝えていきたい」と、決意を固め直します。