街中に『生きてます2021.06.21』などと書かれた謎の落書き。誰かのSOSのようにも見えますが、MBSの調べでは、同じようなメッセージが京都市内の堀川通り周辺で28か所以上見つかっています。一体誰が何のために書いたのでしょうか。
 京都市上京区にある堀川商店街。異変に気付いたのは堀川商店街協同組合の理事長・乾雅智さんです。
 アーケードの柱に書かれた「生きてます」という文字。その下には日付とみられる数字が書かれています。

 (乾雅智理事長)「これですね。これは2021年4月15日ですから、去年の4月ですよね」
 他にも…。

 (乾雅智理事長)「そこにもありますね電柱にも」
     (記者)「本当ですね、電柱にも『生きてます2022.01.29』」
 中には直接書くのではなく、シールのようなものに書いて貼ってあるように見えるものもあります。
  
 (乾雅智理事長)「ちょっと他とは違うなというものも。これ剥がれると思うんですよ。貼ったのか、貼ってあるものに書いたのか」