北海道・知床沖で観光船が遭難した事故。事故当時、現場の海水が低温だったことから、冷たい海における、船の救難装備のあり方が問われています。

そんな中、注目されているのが体を水につけることなく、また低体温を防ぐ機能もある「救命いかだ」です。

事故を受け、気象や海域など地域の特性を踏まえたルールづくりを求める声も上がっています。

■「ライフジャケットは意味がないんじゃないかと」

知床で遭難した観光船KAZU Iは総トン数が20トン未満の「小型船舶」に相当し、海岸近くを走行する場合、膨張式の「救命いかだ」または「救命浮器(ふき)」の設置が、法律で義務付けられています。



では実際に、KAZU Iの装備はどうだったのでしょうか?同じ運航会社、知床遊覧船のもう一隻の観光船KAZU IIIの船長は。

国山ハセンキャスター
「救難の装備はしっかりありましたか?」

KAZU III船長
「もちろんです。検査で法定備品の検査がありますので。救命浮器といって、よくあるオレンジの四角いものを装備していました」


浮器とは、遭難者がつかまって救助を待つためのもので、KAZU IIIやKAZU Iの場合は、船の屋根部分に装備しているといいますが。

KAZU III船長
「テレビでもやっているが、ライフジャケットは意味がないんじゃないかと、冷たい海で。だから救命浮器も同じなんですよね。人が海面に浸かっているので」


事故当時、現場の海水温は2~3度。体が浸かった場合、15分から30分で意識不明となり、予想生存時間は30分から1時間半と言われています。