政治家に近づく理由の一端なのでしょうか…入手した旧統一教会の機関誌には「国会議員に理念を教育し」などと書かれていました。一方で教団の関連イベントに出席していた議員らを取材。その言い分とは。

■「名誉職的な意味合い」旧統一教会と政治家との繋がり続々

7月28日、外務省のエレベーターから出てきた、渦中の人物。自民党の逢沢一郎衆院議員です。



記者
「旧統一教会の関連団体のイベントで祝辞をなさっていた件で、統一教会の関連団体と認識していたか」


自民党 逢沢一郎衆院議員
「えー、いつのこと?」

それは4年前、岡山で行われた旧統一教会の関連イベントでした。来賓代表として地元選出の逢沢衆院議員が祝辞を述べていました。

自民党 逢沢一郎衆院議員(2018年7月)
「ジップアリーナがこんな大勢の人で超満員になったのを私、逢沢一郎は、初めて初めて拝見をいたしました。新記録であります」



イベントが行われたのは西日本豪雨の直後で、韓鶴子総裁から日本赤十字社を通じて2000万円の義援金が寄付されたといいます。

自民党 逢沢一郎衆院議員
「韓鶴子総裁より、本当に高額な多額な心のこもったご奉仕をいただきましたこと、ご寄付をいただきましたこと、私からも心から厚く感謝御礼を申し上げます」

旧統一教会のイベントだということは認識していたように受け取れますが…



自民党 逢沢一郎衆院議員(7月28日)
「どうだったかな…3年、4年前のことですからね。十分記憶はしていませんが。はい、よろしくお願いします」

記者
「社会問題となっている組織の関連団体のイベントに出ることに問題は?」

自民党 逢沢一郎衆院議員
「うーん、それはまぁ再考しなきゃいけませんよね。我々は国民の代表という立場なので、どういう場所が出席するのに適当か、ふさわしいか。よく状況を踏まえて考えることは当然のことですね」

磯﨑仁彦官房副長官にも、関連を指摘する質問が飛びました。

記者
「2021年8月7日に旧統一教会の関連団体が主催した『ピースロード』というイベントに参加したという報道があるが事実か」



ピースロードとは、旧統一教会の関連団体が開催する、世界平和を願って自転車で各地を回るイベントです。

2021年8月、香川県でのイベントの写真に写っていたのは、磯﨑氏と、当時デジタル改革担当大臣だった平井卓也衆院議員でした。



磯崎氏の回答は…

磯﨑仁彦官房副長官
「ご指摘の行事につきましては、私個人の政治活動に関わることなので、今この会見の場でお話しすることは差し控えさせていただきたい。議員会館の事務所を通じて、尋ねてもらえたら真摯に対応させていただきます」

磯崎氏事務所の回答
「香川県や高松市をはじめとする地元自治体が後援している行事であることなどから、出席することとしたものです。実行委員会が主催の行事であり、ご指摘の宗教団体との関係性について当方がお答えする立場にないことをご理解いただきたいと思います」

イベントで実行委員長を務めたという平井氏は…

平井氏事務所の回答
「世界平和と日韓友好を目的とする自転車イベントだと理解しており、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連イベントだという認識はなく、地元の議員として名誉職的な意味合いで実行委員長を引き受けました」