新型コロナの影響で中止が続いていた小学校のプールの授業が、3年ぶりに再開されました。


子どもたち
「泳ぐのは楽しいけど、寒いです」
「どんなことやるのか、心配だった」


3年ぶりということは、3年生以下、つまり児童の半分が学校でプールに入ったことがないことになります。

あたりまえのことですが、3年間に子どもはずいぶん成長します。


保護者
「全然、サイズアウトしているので、上の子の水着も買わないといけない」

そこで、きょうのテーマは、『3年ぶりの水泳授業! 子どもも 保護者も 先生も… ドキドキの夏!』。プール授業再開の周辺を取材しました。


新型コロナの感染防止対策のため、これまで中止されていた水泳授業が3年ぶりに再開されました。学校では、児童の安全確保を最優先にして水泳授業を準備してきました。しかし、今回のプール授業の再開は先月下旬になってお知らせが届いたということで、保護者たちにも影響があったようです。


子どもたちがプールそうじに汗を流しています。3年ぶりに水泳授業が再開されるからです。

広島市立天満小学校 田中英祥校長
「今の3年生以下は、学校のプールにまだ入っていない。全児童の半分が小学校のプールを経験していない」


子どもたちは不安と期待でいっぱいです。

子どもたち
「3年ぶりです。泳げるか不安だけど、楽しみたい」

「平泳ぎを習ったことがないので、教えてもらったらがんばりたい」

学校では感染防止対策には気をつけています。


天満小学校では、密になりやすい更衣室は女子だけが使い、男子は教室で着替えます。準備運動は、間隔をとるためプールサイドではなく、グラウンドで行う予定だそうです。

田中英祥校長
「水泳は命に関わる大事な授業。ゆっくり指導する。まずは水遊びから。顔をつける。できれば頭の先まで潜る。そこからやっていこうと」


最高学年の6年生も最後に泳いだのは、3年生のとき。学校では、「水に慣れる」段階に戻って指導を行うそうです。