周一さん
「2年前の悔しい思いも今につながってくるストーリーの1つだったととらえて。やっぱりここが本番だと思って、必ず雪辱を晴らしてベルトを巻きたいなと思っています」


総合格闘技26戦目になる周一さん。毎回、試合は「人生の集大成」という覚悟で闘っています。

周一さん
「試合のきつさを知らないと格闘技の深みの半分も知れないじゃないですかね。試合でこそ得られるものがあると思います」

現地で応援したい麻梨乃さんでしたが、出産を控えているため、いとちゃんと留守番です。決戦の地・大阪に出発する周一さんを見送りました。


王者の座をかけた試合当日です。


麻梨乃さんは、画面の向こうにいる周一さんの勝利を願います。


妻 麻梨乃さん
「ととよ、いとちゃん。白いパンツね」