対戦相手は、勢いにのる福島選手です。試合開始から3分経過。両者、打撃の打ち合いです。周一さんは、体勢を入れ替えて、肩パンチ。1ラウンド目から激しい闘いとなりました。周一さんは、バッティングで額から出血しています。苦しい展開です。


妻 麻梨乃さん
「苦しい」

周一さんは、パンチを当ててから何度もタックルを繰り出し、ケージに押し込みます。


妻 麻梨乃さん
「ナイスタックル!」

福島選手からテイクダウンを奪い、グラウンドに持ち込みたいところです。しかし、2ラウンド終了間際、逆にテイクダウンを奪われました。


妻 麻梨乃さん
「お尻下げろ! お尻下げろ!」

麻梨乃さんの闘志にも火がつきます。


妻 麻梨乃さん
「今までで一番しんどそうに見えますね。後は気持ちだな。ここからはがんばって、頼むよ! 周一」

リングアナウンサー
「ラウンド3。ファイナル」


両者、一歩も引き下がりません。ふらつきながらも両者のチャンピオンへの執念がぶつかり合います。勝負は判定へ…。


1人目は、周一さんにポイントを付けました。2人目は福島選手に。これで1対1。3人目の採点は…


リングアナウンサー
「29対28、赤・神田。勝者、赤コーナー 神田T800周一!」


妻 麻梨乃さん
「よかった。厳しい試合でしたね。苦しかった。よかった」