全身に金粉をまぶしたような珍しいクワガタが沖縄本島北部、ヤンバルの森で発見され話題となっています。

光り輝く金粉をちりばめたようなこのクワガタは、体長4センチほどの「オキナワノコギリクワガタ」の亜種で、今月中旬、辺土名高校サイエンス部3年の金城勇斗(きんじょう はやと)さんが本島北部地域で、クワガタの調査中に発見しました。

仲間から、クワガタ博士と呼ばれるほど研究にのめり込んでいる金城さん。
金粉クワガタを発見したときは、「メチャクチャ興奮した」と言うことで、これからも「貴重種が住む世界自然遺産のやんばるの森を守って行きたい」と意気込んでいます。


辺土名高校理科・環境科の東竜一郎(あずま りゅういちろう)教諭も、「ここまで身体全体の金粉模様は初めて。」と驚いていて、金粉クワガタは高校で大切に展示するということです。