大分県内各地の初夏の風景をドローンで撮影。今回は新緑あふれる絶景「九重“夢”大吊橋」を紹介します。

大分県内有数の観光スポット「九重“夢”大吊橋」。この季節、足元に広がる鳴子川渓谷では鮮やかな新緑の美しい景色が広がり、訪れた人を魅了します。

橋の上からみえる壮大な雄滝と雌滝。日本の滝100選の雄滝は水量が多い時は周囲を震わすほどの迫力があることから「震動の滝」と呼ばれています。一方、雌滝は雄滝と合わせて夫婦の滝と呼ばれています。

(訪れた人)
「高さがあって迫力があってとても景色が綺麗だった」
「こんなに周りを見渡せる所はなかなか無いので楽しかった」

雄大な自然に囲まれた九重“夢”大吊橋。新緑の見頃は5月いっぱい続きます。